トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

御嶽黒沢口登山道、規制解除を了承 木曽町、26日向け準備

 2014年9月の噴火後、火口から半径1キロの立ち入りが禁じられている御嶽山(長野、岐阜県)の火山防災協議会は5日、岐阜県高山市で幹事会を開いた。長野県木曽町が、山頂に至る黒沢口登山道の規制解除の方針を伝え、了承された。町は26日にも解除する方向で準備を進める。

 火山防災協議会は両県、両県警、周辺5市町村などでつくる。木曽町は山頂付近に避難シェルターを3基設置し、登山道の補修も9月中旬までに終わる見通しを説明した。出席者から「安全対策は前進した」と評価する声が出た。

 木曽町は今後、観光や交通事業者など幹事会に加わっていない協議会メンバーの意見や台風21号による登山道への影響を見極める。

 御嶽山頂に続く登山道は長野県王滝村と岐阜県下呂市にもあるが、安全対策が整っていないため、今回の緩和対象になっていない。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索