トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

鈴鹿殺人で妻と男を起訴 妻の母は不起訴

 今年5月、三重県鈴鹿市で軽ワゴン車内から解体作業員横山麗輝さん(25)の遺体が見つかった事件で、津地検は5日、殺人と暴行の罪で、妻の横山富士子容疑者(46)=同市稲生塩屋1=と交際相手の上山真生容疑者(29)=同市住吉2=を起訴した。

 起訴状によると、2人は共謀し、5月13日午前0時15分ごろ、同市稲生塩屋1の自宅にいた麗輝さんの首を絞めるなどの暴行を加え、同日午前4時5〜40分ごろ、富士子被告が経営する同市内の飲食店で麗輝さんの首を延長コードで絞め窒息死させたとされる。地検は2人の認否を明らかにしていない。

 2人は同日午前5時ごろ、自宅駐車場に止めた軽ワゴン車内に麗輝さんの遺体を放置したとされ、死体遺棄容疑でも逮捕されたが、地検は嫌疑不十分で不起訴とした。

 同日未明に上山被告を車で麗輝さん宅へ送り、富士子被告らと共謀して麗輝さんを殺害しようとしたとして、殺人未遂容疑で逮捕された母親(69)=同市稲生塩屋2=についても嫌疑不十分で不起訴とした。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索