トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

夕方にかけ東海地方に最接近 台風21号

台風21号は東海地方に4日昼すぎから夕方にかけて、最接近する見通し。

 気象庁によると、4日午前から雷を伴った非常に激しい雨が降り、昼すぎから夜にかけて猛烈な雨の降る地域がある。5日にかけて予想される一時間雨量は、いずれも多いところで愛知80ミリ、岐阜100ミリ、三重90ミリ、滋賀60ミリ。5日午前6時までの24時間の予想雨量は、愛知300ミリ、岐阜400ミリ、三重400ミリ、滋賀300ミリ。

 台風の接近に伴い、非常に強い風が4日昼前から吹く。愛知、岐阜、三重のいずれも、陸上での最大風速は25メートルの見込み。午前10時現在、愛知、岐阜、三重、滋賀の全域に暴風警報が発令されている。愛知、三重、滋賀では大雨警報も全域に発令中。

 気象庁の担当者は「台風の通過に伴い雨風が急速に強まるので、厳重な警戒をしてほしい」と話している。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索