トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

名古屋の風俗店経営者ら数人逮捕 客を恐喝、被害額1億円?

 デリバリーヘルス(派遣型風俗店)の利用客から数百万円を脅し取ったとして、名古屋・中署が恐喝の疑いで、名古屋市中区に事務所を置く風俗店経営者の30代の男ら数人を逮捕したことが、捜査関係者への取材で分かった。同署はこれまでに10人以上が同様の被害に遭い、被害総額は1億円以上に上るとみている。

 捜査関係者によると、男らは8月中旬、市内のホテルで店員の女にサービスをさせた後、客に対し「禁止行為をしただろ。示談にするから金を払え」などと言い、数百万円を脅し取ったとされる。

 事前に禁止行為に関する誓約書を客に書かせた上で、サービス中に女が禁止行為ができるように誘い、客が応じてきたところで従業員の男らが突然部屋に押し入り、脅したという。

 この店は元タレントなどをうたう店員が在籍し、1回につき数十万円の高級店。8月末にも同様の被害相談があり、署が捜査を進めていた。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索