トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

陸士長5人が違法賭博、1人を懲戒免 名古屋の陸自第10師団

 陸上自衛隊第10師団(司令部・名古屋市守山区)は3日、インターネットカジノ店で違法賭博をしたなどとして、守山駐屯地にある第35普通科連隊の男性陸士長(20)を免職にするなど、陸士長7人を懲戒処分にしたと発表した。

 師団広報室によると、違法賭博を行っていたのは、男性陸士長ら20〜21歳の5人。男性陸士長は2016年4月から昨年10月にかけ、常習的にカジノ店に通っていた。他の3人は、この陸士長に誘われて複数回、1人は1回、入店したとされる。

 昨年10月、この陸士長が休暇証を偽造して外出したことが発覚。カジノ店に通っていることや、賭博による借金を返済するため、同期隊員から25万円を借りていたことが分かった。

 この陸士長は今年6月、外出後に帰隊せず、上司の説得にも帰隊を拒否した。陸士長は調査に「自衛隊生活に嫌気がさした」と説明したという。

 カジノ店に通っていた他の陸士長4人は、停職5日と8日の懲戒処分、休暇証偽造に関わった陸士長2人は停職1日と3日の懲戒処分をそれぞれ受けた。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索