トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

三菱重、欧州高級フェリー参入へ 下関、長崎造船所を増強

 三菱重工業がクルーズに使われる高級フェリーの欧州市場に参入することが3日、分かった。課題である造船事業再建の柱にしたい考えだ。下関造船所(山口県下関市)と長崎造船所(長崎市)の生産設備を増強し、欧州からの受注にも対応できるようにする。

 三菱重工が全額出資する三菱造船(横浜市)の大倉浩治社長が共同通信のインタビューで「われわれは欧州を向いている。(高級フェリーの)価格や性能面で欧州勢に勝たなければならない」と述べた。

 既に欧州で受注活動を進めており、早期の成約を目指す。将来、アジアの高級フェリー市場に参入することも視野に入れている。

(共同)

 インタビューに答える三菱造船の大倉浩治社長

 インタビューに答える三菱造船の大倉浩治社長

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索