トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

ソマリアで自爆、6人死亡 首都の庁舎前、過激派が犯行声明

 【ナイロビ共同】ソマリアの首都モガディシオにある行政庁舎前で2日、爆弾が仕掛けられた車が爆発し、子供や治安要員ら少なくとも6人が死亡、14人が負傷した。イスラム過激派アルシャバーブが犯行声明を出した。AP通信が報じた。

 検問を突破しようとした車を治安要員が制止し、乗っていた男が起爆した。付近の複数の建物が衝撃で崩壊したという。

 アルシャバーブは近年、掃討作戦で弱体化したとみられていたが、昨年10月にモガディシオ中心部で爆弾テロを起こし500人以上を殺害するなど、攻勢に出ている。

 行政庁舎前の爆発現場を見回るソマリア軍兵士=2日、モガディシオ(AP=共同)

 行政庁舎前の爆発現場を見回るソマリア軍兵士=2日、モガディシオ(AP=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索