トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

東海第2原発の再稼働に反対 「安全な暮らし」求め集会

 今年11月で運転期限の40年を迎える日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)の再稼働問題を巡って、市民団体が1日、水戸市で集会を開き、同原発で事故が起これば100万人以上の住民が生活の基盤を失うなどとして、再稼働に反対する決議書を採択した。集会は約千人が参加した。

 東海第2は東京に最も近く、半径30キロ圏に約96万人が居住。集会に参加した福島県南相馬市の桜井勝延前市長は「人々が安全で安心できる暮らしを求める中、古い原発を使い回そうとしている。再稼働させてはならない」と訴えた。集会後、参加者らはJR水戸駅周辺をデモ行進した。

(共同)

 日本原子力発電東海第2原発の再稼働に反対、デモ行進する人たち=1日午後、水戸市

 日本原子力発電東海第2原発の再稼働に反対、デモ行進する人たち=1日午後、水戸市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索