トップ > 社会 > 話題のニュース一覧 > 記事

ここから本文

話題のニュース

国立大、入学定員が6年連続減少 文科省、19年度

 文部科学省は31日、8月末時点の国立大の2019年度入学定員を発表した。学部は18年度比15人減の9万5635人で、6年連続の減少となった。

 文科省によると、18歳人口の減少を踏まえ、佐賀大が理工学部の定員を10人減らした。千葉大は薬学部を増やす一方で教育学部を減らし、差し引きで5人減となった。学部を新設した福島大と東京外国語大は既存の学部の定員を減らし、全体の定員枠を維持した。

 大学院の定員は22人減の5万9178人。東京学芸大や大阪教育大などで教育学部の修士課程を教職大学院に移行させる動きが進み、修士課程で減った一方、専門職学位課程では増えた。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索