トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

速見氏、指導復帰へ処分受け入れ 体操、宮川選手への暴力で

 体操の2016年リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手(18)に暴力を振るったとして日本協会からの無期限の登録抹消処分を受けた速見佑斗コーチ(34)が東京地裁に指導者としての地位保全を求める仮処分の申し立てを取り下げ、同選手が求める指導復帰のために「処分を全面的に受け入れる」と31日、代理人弁護士を通じて発表した。

 協会は、無期限は除名と異なり、永久ではないとの見解を示しており、速見コーチは書面で「宮川選手が一番望んでいることが私の指導復帰。処分を全面的に受け入れ反省し、一刻も早く指導復帰することが選手ファーストとの結論に至りました」と説明した。

(共同)

 速見佑斗コーチ

 速見佑斗コーチ

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索