トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

もんじゅ核燃料取り出し開始 廃炉作業完了まで30年

 日本原子力研究開発機構は30日午前、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の使用済み核燃料の取り出し作業を始めた。国内初となる高速炉の廃炉作業は本格化。2022年末までに核燃料530体を取り出し、47年度の廃炉完了を予定している。ただ、空気や水に触れると激しく反応するナトリウムの取り扱いなどで困難も予想され、計画通りに進むか懸念が残る。

 作業開始を前に、機構の児玉敏雄理事長は所員ら約550人を前に「神経を研ぎ澄まして不具合の未然防止に努めてほしい」と訓示。安部智之所長は「所員が一丸となり新たなステップに踏み出そう」と呼び掛けた。

 廃炉計画は、47年度までの30年間を4段階に区分。第1段階は22年度までで、炉外燃料貯蔵設備の160体、原子炉内の370体を取り出す。当面は1日1体のペースで、年内は燃料貯蔵設備の100体を取り出す計画。第2段階以降の詳しい工程は決まっていない。

 取り出しを巡っては、今年7月以降、準備段階に当たる試験や訓練で、機器の警報が鳴ったり、作業工程を監視するカメラのレンズが曇ったりするトラブルが相次ぎ、開始が約1カ月ずれ込んだ。機構は全体の工程に影響はないとしている。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索