トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

東証8日続伸、今年初 21円高、米株高が追い風

 30日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は今年初めて8営業日続伸した。朝方は米国株高や円安進行が追い風となったが、米国と中国の関係悪化を懸念する売り注文に押され、小幅の上昇で取引を終えた。終値は前日比21円28銭高の2万2869円50銭。

 東証株価指数(TOPIX)は0・46ポイント安の1739・14。出来高は約13億9900万株。

 北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を巡る米国とカナダの協議が早期に妥結するとの期待感から、29日にダウ工業株30種平均など米国株が上昇。円安ドル高進行も寄与し、東京市場でも電機株などに買い注文が入った。

(共同)

 東京証券取引所=東京都中央区日本橋兜町

 東京証券取引所=東京都中央区日本橋兜町

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索