トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

爆薬原料を高校から持ち出しか 製造容疑で逮捕の大学生

 高い殺傷能力を持つ高性能爆薬「過酸化アセトン(TATP)」などを製造、所持したとして愛知県警に逮捕された名古屋市緑区の大学1年の男子学生(19)が、原料の入手先について「(当時在籍していた)高校から持ち出した」との趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、学生はTATPや高性能爆薬「四硝酸エリスリトール(ETN)」の製造時は高校生で科学部に所属し、部活動の際に原料を持ち出していたとみられる。市販の薬剤も購入していたという。

 製造方法はインターネット上の情報を参考にしていたとみられる。県警は学生宅の家宅捜索で3Dプリンターで製造したとみられる拳銃のようなものや、手りゅう弾のようなものも押収しており、発射能力の有無などを調べている。

 学生が通っていた高校の教頭は「劇物は施錠した科学準備室で金庫に入れて管理していた。鍵を生徒に渡すことはしてない」と話した。

 学生は2016〜17年、TATPやETNを製造、所持したとして爆発物取締罰則違反容疑などで逮捕された。今年3月に同市名東区の公園でTATPを爆発させたとみられる。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索