トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

新生児、MRSA感染 愛知医大、1人発症し6人が保菌

 愛知医科大病院(愛知県長久手市)は28日、院内でメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の小規模集団感染があったと発表した。入院患者1人が感染症を発症した。このほか、既に退院した2人を含む6人が保菌状態となった。計7人はいずれも新生児。新生児集中治療室(NICU)と新生児回復治療室(GCU)の患者を調べて判明した。

 病院はすでに瀬戸保健所に報告。28日からNICUとGCUの新規入院患者の受け入れなどを制限している。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索