トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

渡船から転落後に島で救助、福岡 2夜通報せず、漁船が発見

 29日午前6時半ごろ、福岡市東区の志賀島に近い無人島「端島」で男性が手を振っているのを漁船が発見、連絡を受けた福岡海上保安部が約1時間後、会社員副島久昭さん(53)を救助した。27日夜に博多港と志賀島を結ぶ市営渡船から誤って転落、自力で泳ぎ着いて救助を待ち、2夜を過ごしていた。けがはない。

 市などから海保へ転落の通報はなかった。

 福岡海保によると、副島さんは東区在住で、27日午後8時に博多港から1人で乗船。約20分後、夜景を撮影しようとしていて船尾近くから転落した。福岡市によると、乗客数は券売機の記録と下船時の乗船券点検で確認することになっている。

(共同)

 福岡市東区の志賀島に近い無人島「端島」で福岡海上保安部に救助される男性(右)=29日午前(同保安部提供)

 福岡市東区の志賀島に近い無人島「端島」で福岡海上保安部に救助される男性(右)=29日午前(同保安部提供)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索