トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

公立小中の耐震化99・2% 倒壊危険なお194棟、文科省

 文部科学省は28日、全国の公立小中学校の校舎や体育館など11万5849棟のうち、震度6強の地震に備えて耐震化された建物の割合が、4月1日時点で前年比0・4ポイント増の99・2%(11万4871棟)になったと発表した。耐震化されていない978棟のうち6強以上で倒壊の危険性が高い建物は194棟だった。

 文科省によると、未耐震の建物は、学校統廃合などを予定しているため耐震改修に踏み切れないケースが多いという。本年度中に耐震化を終えるのは245棟にとどまる見込みで、同省は学校設置者の自治体に早期対応を求めている。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索