トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

自由の女神像の近くでぼや 3400人が一時避難

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークの観光名所、自由の女神像があるリバティー島で27日、女神像近くの工事現場でぼやがあり、観光客ら約3400人が一時避難する騒ぎとなった。作業員1人が軽いやけどを負った。米メディアが伝えた。

 地元テレビによると、現場は来年開館予定の新博物館の建設地。プロパンガスのタンク付近で出火し、すぐに消し止められたが、爆発の恐れがあるため島にいた観光客らを船で避難させた。約2時間にわたり島は立ち入り禁止となった。当局が詳しい原因を調べている。

 自由の女神像があるリバティー島でのぼや発生後、付近を巡航する監視船=27日、米ニューヨーク(ゲッティ=共同)

 自由の女神像があるリバティー島でのぼや発生後、付近を巡航する監視船=27日、米ニューヨーク(ゲッティ=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索