トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

地震保険加入率63%、過去最高 17年度の契約者

 損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構は22日、2017年度に火災保険を新たに契約した人のうち地震保険にも加入した割合(付帯率)が前年度比0・9ポイント増の63・0%だったと発表した。南海トラフ巨大地震の被害が予想される地域で割合が高くなり、過去最高を更新した。

 都道府県別でみると、付帯率が最も高いのは宮城86・3%。高知85・2%、宮崎80・3%で続き、津波被害の恐れがある自治体の加入者が多かった。

 伸び率の上昇幅は、16年に大規模地震が起きた熊本が3・2ポイント増で最大。長野、佐賀、長崎でも、それぞれ2・5ポイント増となり、災害への備えが進んだ。

(共同)

 地震保険のパンフレット

 地震保険のパンフレット

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索