トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

全国地銀でマネロン情報を共有 協会、システムの構築を検討

 全国64の地方銀行で構成する全国地方銀行協会がマネーロンダリング(資金洗浄)対策の情報共有システムの構築を検討していることが10日、分かった。6月に地銀協会長に就任した福岡銀行頭取の柴戸隆成氏(64)が共同通信のインタビューで明らかにした。「マネロン対策は競争ではない。一緒にやっていく余地はある」と述べ、業界団体が主導して取り組む姿勢を強調した。

 マネロン対策に取り組む国際組織「金融活動作業部会」の審査を来年に控え、金融庁は金融機関に対策強化を求めている。柴戸氏は、メガバンクを含め一体となる対応が必要とし、地銀協も「スピード感をもって対応する」と話した。

(共同)

 インタビューに応じる全国地方銀行協会の柴戸隆成氏

 インタビューに応じる全国地方銀行協会の柴戸隆成氏

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索