トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

栃木女児殺害、二審も無期判決 東京高裁「状況証拠で有罪」

 2005年に起きた栃木県今市市(現・日光市)の小1女児殺害事件で殺人罪に問われた無職勝又拓哉被告(36)の控訴審で、東京高裁(藤井敏明裁判長)は3日、一審宇都宮地裁の裁判員裁判判決を破棄、改めて一審と同じ無期懲役の判決を言い渡した。

 自白した取り調べの録音・録画(可視化)の映像を基に有罪と認定した一審判決は、訴訟手続き上の違法があり破棄を免れないと指摘。状況証拠で有罪が認められると結論付け、「犯行態様は残虐で反省もない」として、無期懲役を維持した。被告側は即日上告した。

(共同)

 栃木小1女児殺害事件の控訴審判決で「不当判決」の垂れ幕を掲げる支援者=3日午前、東京高裁前

 栃木小1女児殺害事件の控訴審判決で「不当判決」の垂れ幕を掲げる支援者=3日午前、東京高裁前

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索