トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

全日空国内線、欠航計619便に 8月は縮小の見込み

 全日空は12日、ボーイング787の英ロールスロイス製エンジン点検に伴い、今月国内線の一部の便を欠航している問題で、23〜31日に330便を欠航すると発表した。6日からの欠航の累計は619便となったが、8月は縮小できる見込み。

 追加の欠航は国内13空港を発着する便で、約5万8千人に影響が出る。8月も引き続き欠航が出るが、1日当たりの欠航便数は10〜20便程度となり、7月(15〜40便程度)より縮小する見込み。17日に発表する。

 旅客便とは別に、羽田―佐賀の貨物便12便も欠航する。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索