トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

伊那の中央道で走行中の車両全焼 運転席から1遺体

 13日午後11時50分ごろ、長野県伊那市西春近の中央自動車道下り線で、走行中の乗用車から出火し、全焼した。運転席から1人の遺体が見つかり、県警は遺体の身元や出火原因を調べている。

 県警高速隊によると、後方を走っていた車の運転手から「走行している車から火が出ている」と通報があった。乗用車は片側2車線の追い越し車線で停止した。同乗者はおらず、衝突など目立った事故の痕跡もなかった。

 火災の影響で中央自動車道下り線は伊那インターチェンジ(IC)―駒ケ根IC間が5時間、全面通行止めになった。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索