トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

愛知県内リニア工事契約 JR東海

 JR東海は13日、リニア中央新幹線の第一中京圏トンネル(34・2キロ)のうち、愛知県春日井市の坂下西工区(約10・1キロ)と、工区内にある神領非常口の2カ所の工事契約を、安藤ハザマを代表とする共同企業体(JV)と結んだと発表した。

 同工区では地下40メートルより深い大深度地下をシールドマシンで掘り進む。深さは最大で100メートル、トンネルの直径は約14メートルで、中京圏で初のシールドトンネル工事契約となる。

 業者は公募競争見積方式で選定し、契約額は非公表。JR東海は、入札談合事件で独占禁止法違反(不当な取引制限)の罪で法人として起訴された大林組、清水建設、大成建設、鹿島の大手ゼネコン4社が応募したかどうかを明らかにしていない。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索