トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

飲み物に睡眠剤、女性に乱暴未遂 容疑で長久手の男逮捕

 飲み物に睡眠導入剤を混ぜ、意識を失った女性に乱暴しようとしたとして、名古屋・中署は12日、準強制性交未遂の疑いで愛知県長久手市郷前、東春信用金庫職員鈴木浩文容疑者(56)を逮捕した。

 逮捕容疑では、12日午前2時50分ごろ、名古屋市中区の飲食店で、同席していたキャバクラ店員の女性(21)が飲んでいた酒のグラスに睡眠導入剤を混入して意識を失わせ、店から連れ出して乱暴しようとしたとされる。署によると容疑を認めている。同様の手口で、準強制性交容疑を含む複数の余罪を供述している。

 女性とはキャバクラの勤務後に一緒に来店。女性がトイレに立った際、持ち込んでいたしょうゆ差しで睡眠導入剤を入れたという。その様子を見ていた客の男性が、自力で歩けない女性と鈴木容疑者が店を出たところで呼び止め、通行人が110番した。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索