トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

凶器購入「犯行のため」 新幹線殺傷、計画的か

 東海道新幹線で乗客の3人が殺傷された事件で、殺人容疑で送検された無職小島一朗容疑者(22)が「犯行に使うため、なたと果物ナイフを一緒に購入した」という趣旨の供述をしていることが13日、捜査関係者への取材で分かった。

 神奈川県警は計画性があったとみて、動機や経緯を捜査。小島容疑者は祖母から渡されていたキャッシュカードで現金を引き出して購入した可能性がある。愛知県岡崎市の祖母宅を13日午後、家宅捜索した。家族によると、小島容疑者は約半年前まで祖母宅で暮らしていた。

 事件では、小島容疑者の両隣の女性2人がなたで襲われ、会社員梅田耕太郎さん(38)が殺害された。

(共同)

 小島一朗容疑者の祖母宅に家宅捜索に向かう神奈川県警の捜査員=13日午後0時51分、愛知県岡崎市

 小島一朗容疑者の祖母宅に家宅捜索に向かう神奈川県警の捜査員=13日午後0時51分、愛知県岡崎市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索