トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

懲役24年不服で名高裁に控訴 大垣の妻、義母殺害の被告

 2017年3月に妻=当時(35)=と義母=同(63)=を殺害したとして、殺人罪に問われた岐阜県大垣市荒尾町、無職桐山悟被告(40)が12日、懲役24年を言い渡した岐阜地裁判決を不服として名古屋高裁に控訴した。

 弁護側は公判で、被告の責任能力について「精神障害の影響で心神耗弱だった」と主張していた。判決は5月29日に言い渡され、求刑は懲役25年だった。

 判決によると、被告は17年3月24日、義母の児玉真知子さん方で、妻のやよいさんの首を両手で絞めるなどして窒息死させた。さらに、制止しようとした真知子さんを石油ファンヒーターで多数回殴り、失血死させた。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索