トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

東証、午前終値は2万2867円 63円高、米朝首脳会談に期待

 12日午前の東京株式市場は米朝首脳会談への期待が先行し、日経平均株価(225種)は節目の2万3000円を一時超えた。取引時間中の大台回復は3週間ぶりで、円安ドル高の進行も好感された。その後は高値を警戒した売り注文で下落に転じる場面もあり、不安定な値動きとなった。

 午前終値は前日終値比63円37銭高の2万2867円41銭。東証株価指数(TOPIX)は3・95ポイント高の1790・79。

 米朝会談では朝鮮半島情勢の安定化に向け前進があるとの観測が拡大。朝方から輸出関連株などが値上がりした。一方、会談の結果を見極めようと当面の利益を確定する売り注文が交錯した。

(共同)

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索