トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

「数カ月野宿、なた購入」と供述 新幹線殺傷容疑者

 東海道新幹線で9日夜、乗客の男女3人が殺傷された事件で、殺人容疑で送検された無職小島一朗容疑者(22)が「数カ月間、長野県内で野宿生活し、事件直前に同県内でなたと果物ナイフを購入した」という趣旨の供述をしていることが11日、捜査関係者への取材で分かった。

 神奈川県警は長野県内で事件を計画後、上京した可能性があるとみて裏付けを進める。

 県警によると、小島容疑者は事件当日まで長野県内で野宿するなどし、9日午前に電車で東京に向かい、東京駅で新幹線に乗り換えたと供述。県警は当初、名古屋行きの自由席券を持っていたとしていたが、指定席券だったことが新たに判明した。

(共同)

 送検のため神奈川県警小田原署を出る小島一朗容疑者=11日午前9時12分

 送検のため神奈川県警小田原署を出る小島一朗容疑者=11日午前9時12分

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索