トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

政治

原発検証2〜3年と新知事、新潟 菅氏は県民理解を重視

 新潟県知事選から一夜明けた11日、初当選した花角英世氏(60)は、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の是非判断に向けた安全性検証に今後2〜3年間を要するとの認識を改めて示した。「どこかで取りまとめる。2年なのか3年なのか確認したい」と新潟市内で記者団に語った。菅義偉官房長官は花角氏の意向を踏まえ、県民理解を重視する考えを示した。

 4月に辞職した米山隆一前知事も花角氏と同様に2〜3年間との考えを示していた。花角氏は記者団に対し、是非判断の際に「県民に納得をいただけるか意思を確認したい」と話した。「改めて責任の重さを実感している」と抱負を語った。

(共同)

 新潟県知事選の初当選から一夜明け、取材に応じる花角英世氏=11日午前、新潟市

 新潟県知事選の初当選から一夜明け、取材に応じる花角英世氏=11日午前、新潟市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索