トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

元毎日新聞局長に有罪判決 窃盗事件で神戸地裁

 盗んだキャッシュカードで現金自動預払機(ATM)から現金を引き出したとして窃盗罪などに問われた元毎日新聞大阪本社制作技術局長の藤原規洋被告(63)に神戸地裁(川上宏裁判官)は11日、懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年6月)の判決を言い渡した。

 川上裁判官は判決理由で、借金で金銭に窮していたという動機に酌むべき事情はないとし、「犯行は手慣れていて常習的、職業的で悪質だ」と指摘。「被告が長年、記者を務めて犯罪報道にも携わってきた立場を考慮すると、厳しい非難は免れない」とした。

 一方、一部の被害を弁償していることなどから執行猶予を付けた。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索