トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

大谷、初の故障者リスト入り 右肘負傷で注射治療

 【ミネアポリス共同】米大リーグ1年目から投打の「二刀流」で活躍するエンゼルスの大谷翔平(23)が8日、右肘の内側側副靱帯の損傷で自身初となる10日間の故障者リスト(DL)に入った。

 先発登板した6日のロイヤルズ戦は右手中指のまめが悪化し、4回1失点で降板していた。エンゼルスのエプラー・ゼネラルマネジャー(GM)は「まめができて降板し、アドレナリンが収まったら肘が張ってきたと大谷が言ってきた」と説明。7日にはロサンゼルスで、右肘に自身から採取した血小板を使って組織の修復や再生を図る「PRP注射」と呼ばれる治療を受けた。

 エンゼルスの大谷翔平選手

 エンゼルスの大谷翔平選手

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索