トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

穂積・二宮組が全仏テニス決勝へ 日本女子ペアで四大大会初

 【パリ共同】テニスの全仏オープン第13日は8日、パリのローランギャロスで行われ、女子ダブルス準決勝で穂積絵莉、二宮真琴組(橋本総業)が第8シードのセン皓晴(台湾)楊ショウケン(中国)組を6―2、6―2で破り、日本人同士のペアとしては四大大会で同種目初の決勝進出を果たした。

 穂積、二宮組は10日の決勝でチェコのペアと対戦する。

 男子シングルス準決勝では、11度目の優勝を狙う第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第7シードのドミニク・ティエム(オーストリア)が勝ち、10日の決勝で戦うことになった。

 テニス全仏オープン女子ダブルス準決勝で勝ち、笑顔でポーズをとる穂積(左)、二宮組=8日、パリ(共同)

 テニス全仏オープン女子ダブルス準決勝で勝ち、笑顔でポーズをとる穂積(左)、二宮組=8日、パリ(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索