トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

ZTEに罰金1100億円 米商務省発表、操業再開へ

 【ワシントン共同】ロス米商務長官は7日、中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)への制裁解除に向け、10億ドル(約1100億円)の罰金支払いなどで合意したと発表した。ZTEは米企業からの部品調達が可能となり、操業再開に動きだす。

 合意には、経営陣の刷新や、ZTEが4億ドルの保証金を差し出すことも盛り込んだ。ZTEが再度違反した場合には、没収するとしている。米商務省によると、ZTEは過去の違反への罰金として既に8億9200万ドルを支払っており支払額は最大で22億9千万ドル規模に上る。

 中国の通信機器大手ZTEのロゴが掲げられた建物=5月、北京(AP=共同)

 中国の通信機器大手ZTEのロゴが掲げられた建物=5月、北京(AP=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索