トップ > 社会 > 話題のニュース一覧 > 記事

ここから本文

話題のニュース

社会学者の日高六郎さん死去、101歳 戦後の平和運動リード

 「行動する学者」としてベトナム反戦、水俣病問題に取り組み、戦後の平和運動をリードしてきた社会学者、評論家の日高六郎(ひだか・ろくろう)さんが7日午前5時31分、老衰のため京都市左京区の高齢者施設で死去した。101歳。中国・青島生まれ。故人の遺志で葬儀は行わない。

 東京帝大(現東京大)卒。戦中の海軍技術研究所嘱託を経て、戦後は東京大新聞研究所助教授を務め、1960年から教授。60年安保闘争をはじめ数多くの市民運動の中心となり、理論と実践の両面で活躍した。

 著書に「戦後思想を考える」「現代イデオロギー」など。E・フロムの「自由からの逃走」の訳者でもある。

(共同)

 死去した日高六郎さん

 死去した日高六郎さん

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索