トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

政治

日米、北朝鮮に完全非核化要求 「米朝」後に外相が再会談

 【ワシントン共同】河野太郎外相は6日午後(日本時間7日午前)、米ワシントンの国務省でポンペオ国務長官と会談し、北朝鮮に「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」を求め、国連安全保障理事会決議に基づく制裁を維持する基本方針を確認した。12日の米朝首脳会談後に再び協議することも申し合わせた。トランプ米大統領が金正恩朝鮮労働党委員長に日本人拉致問題を提起する方針でも改めて一致した。

 7日には安倍晋三首相とトランプ氏がワシントンで会う。米朝交渉が北朝鮮ペースで進まないよう、日米のハイレベルで完全非核化への対処方針を擦り合わせる狙いだ。

 ポンペオ米国務長官(右)と握手を交わす河野外相=6日、ワシントン(代表撮影・共同)

 ポンペオ米国務長官(右)と握手を交わす河野外相=6日、ワシントン(代表撮影・共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索