トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

愛知県警、殺人容疑で男を再逮捕 名古屋連れ去り

 名古屋市で2月、同市中区の職業不詳岡田亮祐さん(28)が連れ去られた事件で、愛知県警中署捜査本部は6日、同市中川区のアパートで岡田さんを殺害したとして殺人の疑いで、知人の元人材派遣会社社長野間裕司容疑者(30)=本籍・中川区=を再逮捕した。

 また殺害現場となった部屋を契約したとして殺人ほう助の疑いで、野間容疑者の派遣会社で働いていた元大学生服部拓哉容疑者(22)=同県稲沢市=も同日再逮捕した。野間容疑者は黙秘、服部容疑者は「知っていたら契約しない」と否認している。

 野間容疑者の再逮捕容疑は2月23〜24日ごろ、アパートで岡田さんを殺害した疑い。服部容疑者は野間容疑者の指示で2月20日、この部屋の賃貸借契約を結び、殺害実行を容易にした疑い。

 岡田さんは2月23日に「投資関係の話を聞きたい」と名古屋市東区のマンションに誘い出され行方不明になった。捜査本部はアパートの部屋から岡田さんの血痕を検出。さらに服部容疑者が3月に床材の張り替えを業者に依頼していたことなど状況証拠を積み上げた。金銭トラブルがあったといい、計画的に実行したとみている。

 野間容疑者はアパートで遺体を切断、稲沢市内で焼却したとして服部容疑者と共に死体損壊罪で起訴されている。名古屋地検は6日、逮捕監禁致傷の罪で野間容疑者らを追起訴した。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索