トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

県立下呂温泉病院、医師に36協定超え残業 

 岐阜県下呂市の県立下呂温泉病院が医師に労使協定(36協定)を超えた残業をさせていたとして、高山労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが分かった。職員の時間外労働の割増賃金が、一部未払いになっている可能性も指摘された。

 同病院によると、勧告は2017年12月26日付。医師の残業の上限を月45時間、特別条項で6カ月を限度に100時間までの残業を認める協定を労使間で結んでいるが、16年4月以降に上限を超えて残業した医師が、16年度は3人、17年度は1人いた。

 このうち、整形外科の50代の男性医師は16年度の全ての月で残業が45時間を超えていた。17年度は20代の男性内科医が83時間の残業をした月が1回あった。

 時間外労働の割増賃金は原則自己申告で時間を把握していたが、労基署は実態との乖離を指摘。病院は医療用パソコンの稼働時間などを基に、職員約400人分について再計算している。

 丹羽誠事務局長は「医師には応召義務もあり難しいが、負担軽減策を工夫している。未払い時間外賃金については7月の給与で支払えるよう努力している」と話した。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索