トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

東海地方が梅雨入り 近畿、関東甲信も

 気象庁は6日、東海地方が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より2日早く、昨年よりは15日早い。近畿、関東甲信地方も梅雨入りしたとみられる。

 名古屋市ではこの日、朝から雨。中区の広小路通では、傘を差して歩く人たちの傍らで、色鮮やかに咲いた紫色のアジサイの花が雨粒に揺れていた。休日で通り掛かった天白区の公務員安藤安江さん(50)は「雨は洗濯に困るけど、家の中で読書や音楽を楽しめますね」と話した。

 名古屋地方気象台によると、東海地方ではあす午前まで広い範囲で雨が続き、その後も湿った空気の影響などで曇りや雨の日が続く見通し。向こう1カ月の降水量は、平年並みか多くなりそう。

(中日新聞)

雨に濡れたアジサイの横を傘を差して歩く人たち=6日午前、名古屋市中区で

雨に濡れたアジサイの横を傘を差して歩く人たち=6日午前、名古屋市中区で

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索