トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

伊香保の老舗旅館で火災 1人軽傷、徳冨蘆花の定宿

 5日午後9時ごろ、群馬県渋川市の伊香保温泉中心街にある老舗旅館「千明仁泉亭」が燃えていると消防に通報があった。県警によると、敷地内で隣接する経営者千明三右衛門さん(79)の自宅の木造3階建てが2階部分より上をほぼ全焼して2時間余り後に鎮火。千明さんの妻(71)が軽傷を負った。約20人の宿泊客は避難して無事だった。県警や消防が詳しい状況を調べている。

 旅館のホームページによると、創業500年以上の歴史があり、明治の文豪徳冨蘆花が定宿として愛用。冒頭部に同旅館が登場する小説「不如帰」を各客室に置いているという。

(共同)

 炎を上げる伊香保温泉の老舗旅館「千明仁泉亭」=5日夜、群馬県渋川市(提供写真)

 炎を上げる伊香保温泉の老舗旅館「千明仁泉亭」=5日夜、群馬県渋川市(提供写真)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索