トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

東京地検など神戸製鋼を一斉捜索 製品データ虚偽表示疑い

 神戸製鋼所の製品データ改ざん問題で、東京地検特捜部と警視庁は5日、不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いで、東京本社(東京都品川区)と神戸本社(神戸市中央区)、3工場の計5カ所を家宅捜索した。不正には役員経験者を含む約40人が関わったとされ、今後、押収資料の分析や関係者への事情聴取を進め、指揮系統の解明を進める。

 特捜部などは、関連資料の一部について神鋼側から既に任意で提出を受けているが、実態解明には強制捜査が必要と判断した。日本のメーカーに対する信頼を失墜させた問題は刑事事件に発展した。

(共同)

 神戸製鋼所の東京本社が入るビルのプレート=5日午前、東京都品川区

 神戸製鋼所の東京本社が入るビルのプレート=5日午前、東京都品川区

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索