トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

後藤淳さん死去 名古屋電気学園総長

 愛知工業大などを運営する学校法人名古屋電気学園総長、後藤淳(ごとう・あつし)さんが1日、心不全のため死去していたことが4日、分かった。90歳。日中関係改善の原点となったピンポン外交の立役者の一人である故後藤●二(こうじ)元同学園理事長の娘婿で、自身も愛知県日中友好協会長などを歴任し日中交流に尽力した。

 葬儀・告別式は近親者で行った。学園葬は後日行う。

 長野県須坂市出身。名古屋大工学部卒業、同大学院修了。愛工大教授を経て1972年、●二さんの死去を受け、引き継ぐ形で同学園理事長・愛工大学長に就任。アジア卓球連合会長、愛知県私立大学協会長なども歴任した。2004年、旭日中綬章。

 名古屋電気学園は1912(大正元)年創立。愛工大のほか愛工大名電高校・中学、愛工大情報電子専門学校を運営。

 ピンポン外交は、71年に名古屋市で開催された世界卓球選手権大会を舞台にしたスポーツ外交。後藤さんは●二さんの志を継ぎ、スポーツ交流や大学間交流などで日中友好に貢献した。

※●は金ヘンに甲

(中日新聞)

後藤淳さん

後藤淳さん

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索