トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

中国で拘束の邦人21人が帰国 一部は国外退去処分か

 中国重慶市などで5月に中国当局に拘束された日本人21人全員が6月1日までに帰国したことが4日、分かった。外務省関係者が明らかにした。21人はキリスト教系の宗教団体に所属していたとの情報があり、中国での布教活動を問題視された可能性がある。一部は国外退去処分になったとみられるが、詳細は不明だ。

 関係者によると、21人は5月5〜15日にかけて、重慶市や河北省など幅広い地域で一斉に拘束された。うち5人は5月25日までに帰国。残る16人の拘束は続いていた。

 中国政府は、民主主義など西側の価値観の流入を警戒し、宗教活動への締め付けを強めている。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索