トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

法相、特別養子制度改正を諮問 対象年齢の引き上げ検討

 上川陽子法相は4日、虐待や経済的事情などの理由で実の親が育てられない子どものための特別養子縁組制度を見直す民法改正を、法制審議会に諮問した。現行で6歳未満までの対象年齢の引き上げを検討するほか、縁組に必要な実父母の同意要件見直しも審議する。

 制度は児童養護施設にいる子どもに、家庭的かつ永続的な養育環境を与える選択肢の一つ。

 現行の対象年齢は原則6歳未満、6歳になる前から養育していれば8歳未満。近年は年間500件前後で推移し、厚生労働省の調査では成立時の年齢は0〜1歳が6割以上を占める一方、6歳前後でも1割強いる。

(共同)

 上川陽子法相

 上川陽子法相

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索