トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

政治

働き方法案、参院で審議入り 首相出席、成立に意欲

 安倍晋三首相が今国会の最重要法案に掲げる働き方改革関連法案は4日午前の参院本会議で審議入りした。首相は「長時間労働の慣行を是正しワークライフバランスの改善を図る」と述べ、成立に重ねて意欲を示した。野党は「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の削除を求め、激しい対立が続く。政府、与党は20日までの会期を延長する方針を固めている。

 本会議は法案の趣旨説明と質疑を行った。首相は働き方改革に関し「労働生産性を改善する最良の手段だ」と指摘。高収入の一部専門職を労働時間規制の対象から外す高プロについて「自律的な働き方ができる選択肢として整備が必要だ」と強調した。

(共同)

 参院本会議で答弁する安倍首相=4日午前 

 参院本会議で答弁する安倍首相=4日午前 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索