トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

カヌー連盟、鈴木康大選手を除名 ライバルの飲み物に薬物混入で

 日本カヌー連盟は3日、東京都内で総会を開き、昨年9月のスプリント日本選手権(石川県小松市)でライバル選手の飲み物に禁止薬物を混入させ、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)から8年間の資格停止処分を科された鈴木康大選手(32)を除名処分とすることを決めた。理事会により提案され、総会員数の3分の2以上の賛成により可決された。

 石川県警は業務妨害の疑いで鈴木選手を書類送検する方針を固めている。日本連盟は当初、捜査の終了を待って処分を決定する方針だったが、混入の事実を全面的に認めていることなどから除名に踏み切った。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索