トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

G7、米に懸念と失望 輸入制限、異例の非難

 【ウィスラー共同】カナダ西部ウィスラーで開かれた先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議は2日午前(日本時間3日未明)、閉幕した。カナダが議長総括を発表し、米国以外の6カ国の総意として、米鉄鋼輸入制限でG7の団結や協調が「危険にさらされている」と非難。「懸念と失望」をトランプ大統領に伝えるよう米国に要請した。会議後の公表文書で特定国を名指しするのは異例。通商分野の対立が先鋭化して共同声明は断念し、8日からのG7首脳会議(サミット)に議論を持ち越した。

 一方、トランプ氏は2日、ツイッターに投稿し、引き続き強硬策を辞さない意向を示した。

 記者会見するG7議長のカナダのモルノー財務相(右)ら=2日、ウィスラー(ロイター=共同)

 記者会見するG7議長のカナダのモルノー財務相(右)ら=2日、ウィスラー(ロイター=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索