トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

米の批判に「内政干渉」と反発 中国、南シナ海の軍事拠点化で

 【シンガポール共同】シンガポールで開催中のアジア安全保障会議でマティス米国防長官が南シナ海の軍事拠点化を進める中国を批判したのに対し、中国代表団のトップ、軍シンクタンク、軍事科学院の何雷副院長(中将)は2日、「南シナ海の島しょへの駐軍と武器配備は中国の主権の範囲内だ。とやかく言うのは、中国の内政に対する干渉だ」と反発した。

 何氏はマティス氏の演説後に記者会見し「南シナ海の島しょ、その付近の海域は中国の神聖な領土」と述べ、同海域に米軍艦を派遣する「航行の自由」作戦こそが南シナ海の軍事化に当たると主張した。地域秩序の主導権を巡り、米中が激しく応酬した。

 アジア安全保障会議の昼食会で握手するマティス米国防長官(左)と中国軍事科学院の何雷副院長。中央は小野寺防衛相=2日、シンガポール(共同)

 アジア安全保障会議の昼食会で握手するマティス米国防長官(左)と中国軍事科学院の何雷副院長。中央は小野寺防衛相=2日、シンガポール(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索