トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

米長官、南シナ海軍事化強く批判 中国と対抗辞さず

 【シンガポール共同】マティス米国防長官は2日午前、シンガポールで開催中のアジア安全保障会議で演説した。「米国はインド太平洋にとどまり続ける」として地域で指導力を発揮する意志を強調し、南シナ海の軍事拠点化を進める中国を強く批判、必要なら「断固とした対抗措置」を取ると述べた。

 マティス氏は、中国が近隣国と主権を争う南シナ海に対艦ミサイルなどを配備したことを挙げ、「自由で開かれたインド太平洋」の実現を目指す米国の戦略と対立すると指摘。台頭する中国との協力を重視する姿勢を示す一方、関係が改善するかは「中国の行動次第だ」との見方を示した。

 2日、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議で演説するマティス米国防長官(AP=共同)

 2日、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議で演説するマティス米国防長官(AP=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索