トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

パトカーから逃走し事故の警官に有罪判決 岐阜地裁

 岐阜県本巣市で昨年12月、乗用車を運転中に信号無視してパトカーに追跡され、逃走中に人身事故を起こしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の罪に問われた県警中津川署留置管理課の巡査、犬飼嶺被告(36)=同県中津川市、休職中=に、岐阜地裁は1日、禁錮5月、執行猶予3年(求刑禁錮5月)の判決を言い渡した。判決が確定すれば、地方公務員法の規定により失職する。

 佐藤由紀裁判官は量刑理由で「極めて危険かつ無謀な運転行為を行った責任は重大」と指摘。弁護側が罰金刑を求めたことに、「反省を示していること、被害者らに損害賠償がなされたことなどを考慮しても罰金刑は軽きに失する」と判断した。

 判決などによると、被告は昨年12月2日夜、本巣市内の交差点で赤信号を無視。パトカーから逃走する際に、安全を十分に確認しないまま時速約30キロで交差点に進入し、出合い頭に衝突した軽乗用車の2人に軽傷を負わせた。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索