トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

5月の国内新車販売0・2%減 スバルが不振

 5月の国内新車販売台数は、前年同月比0・2%減の37万1867台となり、2カ月ぶりに前年実績を下回った。軽自動車は0・6%増えたが、軽以外の自動車(登録車)で最大手のトヨタ自動車が減少。無資格検査問題を含む一連の不正が発覚したSUBARU(スバル)が大幅に減った。

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が1日、発表した。

 登録車では、トヨタが小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「C―HR」の発売が一巡するなどし、8・1%減の10万3611台。スバルは39・7%減だった。同様に無資格検査問題が発覚した日産自動車は、2カ月連続でプラスとなった。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索